You are here: Home // Webについて, Web制作日記 // 新タイムライン対応のFacebookページとは?

新タイムライン対応のFacebookページとは?

Facebookは、やはり無視できない成長を続けております。
その中で、企業やショップ(商店)などは、ビジネスに利用目的で、Facebookページを開設しているところも多くなってきました。
しかし、その中味を見てみると、普通の個人ページと何ら変わらないFacebookページが多く見受けられます。
Facebookページを作成するのは、個人登録と同じような感じで、カバー写真と、プロフィール画像を用意すれば簡単にできるので、それで満足(?)してしまっているのかもしれません。
でも、それが本来のビジネス用のFacebookページというのでは、あまりにも「モッタイナイ」と言わざるを得ません。
せっかくFacebookページを作ったのなら、やはり「ウェルカムページ」や、「商品ご案内ページ」なども作りたいものです。
それらの追加のページのことを、Facebookページの世界では、「アプリ」というのです。

◆しかし、2012年3月31日より、Facebookはタイムライン化が標準化され、それにより、レイアウトなど、Facebookページも大きく影響を受けております。

そこで、最近の「アプリ」事情を交えながら、簡単にご説明してみたいと思います。

以下の画像は、「山形めっけ」というFacebookページです。
その中の、赤枠内に「アプリ」と呼ばれるリンクボタンが表示されます。

上記サイトの、「ようこそ!山形」というアプリボタンをクリックすると、以下のようなFacebookページが開きます。
つまり、この開いたFacebookページが、新タイムライン対応の「Facebookページ」、つまりアプリというものです。

このページから、自社の商品サイトなどへリンクで呼び込むのが、本来のビジネス型Facebookページの目的なのかもしれませんね。

実際の「山形めっけ」Facebookページは、こちらからご覧ください!

【新タイムラインでの大きな変更点は?】
◆セキュリティが強化されて、2012年4月以降は、SLL対応のサーバー上でしか、Facebookページアプリは登録できなくなりました。というよりも、SLLが必須となりました。
そのようなことから、「ウェルカムページ」などのFacebookページを作りたいと思っている方は、SLLが利用可能かどうかを、事前に調べておくことが重要になります。

Tags: , ,

Leave a Reply