You are here: Home // Webについて, Web制作日記 // 話題の「Google+ページ」の作り方と、運用について

話題の「Google+ページ」の作り方と、運用について

2011年6月から開始された「Google+」ですが、なんといってもGoogleというブランド名ゆえに、急激にユーザー数を伸ばしています。
そして、11月に入って提供された「Google+ページ」。
Facebookページのように、登録会員以外の方にも見せられることから、今後の利用者(社)が増えると見込まれています。
そんなことから、Web制作ペインターでも、その作り方をご紹介したいと思います。

ちなみに、参考として、既に活用している企業の中から、ユニクロのGoogle+ページをご覧いただけますので、まだ見たことがない方は、このリンクをご覧になってみてください。

また、今回作成した「ペインターのGoogle+ページ」はこちらです。よろしかったら左サイド上にある「+1」をお願いします。また「サークル」に加えてください。

 

———–それでは、作り方と運用についてをご紹介いたします。————–

「Google+ ページ」を開設するには、個人で Google+ のアカウントを作成したうえで、plus.google.com/pages/create にアクセスします。

仕組み的には Facebook ページとほぼ同じです。
個人のアカウントに関連された形で、作成した 「ページ」 を管理できるようになります。Facebookと異なるとしたら、「Google+ ページ」はとても簡単に作ることができるという点でしょうか。

また、特徴的な機能としては Google 検索との連動です。

Google では 1 日に何十億回もの検索が行われていますが、多くの方は企業やブランドを探しています。作成された「Google+ ページ」は、Google の検索結果に随時表示されます。

また、ダイレクトコネクトという新しい機能により、Google で検索するキーワードの先頭に「+」を付けるだけで、関連する「Google+ ページ」が表示されます。

【Google+ ページの作り方】
手順はとても簡単で、2,3分もあれば作れてしまいます。自分のアカウントで Google+ にログインし、「Google+ ページの作成画面」 に進みます。まずはこれから作るページのカテゴリを選択します。

ここでは会社のページを作った時の手順で説明しますので、「会社、機関、組織」 を選択して次に進みます。
例えば、Blog のページなら 「その他」 を選択すればいいと思います。すると、各情報を入れる画面になります。カテゴリで 「会社」 を選んでいると業種の選択が出ますが、その他だと出なかったり、カテゴリによって多少違うようです。

次のページで簡単な説明 (キャッチフレーズ)、プロフィール写真の登録が行えます。写真や画像のサイズは、200px(縦、横)のようです。あとで変更も可能です。

次に進むと、今作ったページをメインのアカウント名義で共有できますが、ここは飛ばしても問題なしです。あとでやる場合は 「完了」 を押して終わらせてしまいましょう。

これでページが作成され、初期画面に進みます。早速投稿することもできますが、先に 1つやっておくことがあります。

【ダイレクトコネクトを機能させるために必要な設定】
Google+ ページの特徴的な機能が Google 検索でそのサイトと Google+ ページを紐付けてくれる 「ダイレクトコネクト (Google+ Direct Connect)」 ですが、ただ Google+ ページを作っただけではこれが有効に働きません。そこで次の手順が必要です。まず、「ウェブサイトを接続」 の部分から、「バッジを取得」 に進みます。

「Google+ ページをサイトにリンク」 というページがでますので、ここで表示されたコードを取得します。

バッジのサイズや使うか使わないかはご自由にですが、ダイレクトコネクトを有効にするには、下記の 2つの条件が必要です。

1. Web サイトから Google+ ページにリンクがされている
2. Google+ ページのプロフィールから Web サイトにリンクがされている

つまり、Google+ ページと Web サイトが相互リンクの状態になっている必要があるわけですね。Google+ からのリンクは、「プロフィール」 の 「基本情報」 のところで Web サイトを登録する箇所がありますので、そこに URL を入れるだけ。逆に Web サイトからのリンクに関しては、上記で取得できるソースコードが参考になりますが、2つの方法があります。

1つ目は、head 要素内に link 要素を追加する方法。生成されたソースコードにもありますが、下記のような記述を追加します。

もし、何らかの事情で head 要素内にソースコードを追加できない場合は、下記のように、a要素を使ってのリンクに 「rel=”publisher”」 を指定する方法でも代替できるようです (Google+ ページ ヘルプ参照)。

これで、ダイレクトコネクトが日本でも有効になった際には、Google 検索から Google+ ページを探し出してもらうことができるはず。

あとは、プロフィールに細かい情報を入れたりして Google+ ページを完成させたら、お知り合いに教えてサークルに追加してもらいましょう。
Google+ ページはこちらから能動的に他の人をサークルに追加していくってことができないようになっています。

◆Google+ページができました。

google+ページからは、管理画面とページ画面を切り替えて利用することが可能です。

【Google 検索からのダイレクトコネクト】
Google では 1 日に何十億回もの検索が行われていますが、多くの方は企業やブランドを探しています。本日から作成された「Google+ ページ」は、Google の検索結果に随時表示されます。

また、ダイレクトコネクトという新しい機能により、Google で検索するキーワードの先頭に「+」を付けるだけで、関連する「Google+ ページ」が表示されます。


たとえば上の例のように「+A」とタイプした場合、「Google+ ページ」を持つ企業やブランドが表示され、気になるページにすぐにアクセスすることができます。

現在のところ、ダイレクトコネクトが機能するのは google.com での検索のみですが、近日中に google.co.jp でもお使いいただけるようになる予定です。また、現在は一部の企業やブランドのみ表示されますが、今後より多くのページに対応していきます。ダイレクトコネクトの詳細は、ヘルプセンターにてご確認いただけます。

Tags: ,

Leave a Reply