You are here: Home // Web制作日記, WordPress // WordPressに、プラグインのアクセスカウンターを設置する。

WordPressに、プラグインのアクセスカウンターを設置する。

ワードプレス用のアクセスカウンターとしては、名の知られた「counterize II」があります。今回はその利用法を解説します。

1.「counterize II」を下記サイトからダウンロードします。(記事作成の時点では、バージョン3.0.1でした。)
 http://wordpress.org/extend/plugins/counterizeii/

2. ダウンロードしたファイルを解凍します。

3.「counterizeii」フォルダを「plugin」フォルダへアップロードします。

4.アップロード後、プラグイン管理画面より設定を有効にします。

※なお、「counterize II」のデフォルトでは、「本日(Today)」、「合計(Total)」をサイト表示できますが「昨日(Yesterday)」を表示することができません。
※参照サイトでは表示方法などが記載されているのもありますが、バージョンが異なるのか、反映されませんでしたので、ここでは省略いたします。

★但し、管理画面内では、詳細なアクセス解析があり、月日の他、時間帯まで確認ができます。

—————————————————————————–

【「counterize II」を「ウィジェット」で表示させる方法】

★「テキストウィジェット」は「html」は扱えますが「php」は扱えません。
そこで、「テキストウィジェット」が「php」を扱えるようにする「plugin」をダウンロードします。
     

1.「PHP code Widget」を下記サイトからダウンロードします。
  http://wordpress.org/extend/plugins/php-code-widget/

2. 解凍してフォルダをpluginへアップロードし、管理画面より設定を有効にします。
(プラグインでは、「Executable PHP widget」という名称になってます。)

3.「外観」「ウィジェット」と進み、「PHP Code」を「ウィジェット」の表示位置に指定(ドラッグ)します。

4.「PHP Code」を選択し、表示させたいPHPコード(以下)を記入します。保存終了します

※以下の中から、必要なものを、「PHP Code」の中に記載して、保存します。
■下記の内容から、■マークを設置後削除してください。(表示用に記しております。他は消さないようにご注意!)

(なお、左の「Total」などの文字は、日本語でもOKです。例:「全体の総数」「今日のアクセス数」など。)
——————————————————–
Total :<■?php echo counterize_getamount();?>
Today :<■?php echo counterize_gethitstoday();?>
Latest7days :<■?php echo counterize_getlatest7days();?>
Uniqu-Total :<■?php echo counterize_getuniqueamount();?>
Online User :<■?php echo counterize_get_online_users();?>
——————————————————–

以上で「ウィジェット」にカウンターが表示されるようになります。

Tags: , , , ,

Leave a Reply